国民健康保険は原則口座振替らしい

今朝、社会保険から国民健康保険への切り替えに行ってまいりました。

6798ad1f9ac61f500c6d976057dbdf7f_s

健康保険に関しては、社会保険の任意継続か国民健康保険のどちらか1つを選べるのですが、先日区役所へ行き計算してもらった所、概算で私の国民健康保険は21,000円、社会保険の任意継続は24,000円と算出されたので、比較して安い国民健康保険を選ぶ事にしました。

そして今日、在職した証明書が届いたので区役所へ行き手続きしたのですが、私の国民健康保険料はなんと25,000円でした。

「高い・・・。」

概算で計算してもらったものより4,000円高かった・・・。

でも、社会保険任意継続とほぼ変わらない金額だったので、まぁ良いかと思いました。
任意継続の方は、1日でも払い忘れていたら脱退しなければならないので厳しいし。

そして、区役所では「国民健康保険は原則口座振替です」と張り紙が張ってあるのを先日見かけたのでネットで調べてみると、きちんとした理由がない限り国民健康保険の支払方法は口座振替にしなければいけないと、どこかの市で書かれていました。
なるべく市がきちんと徴収できるように、口座振替を原則にしているみたいです。

口座振替は強制的なのかな?と心の中で思いながら、職員さんの話を聞いていると、

「口座振替と納付書どちらがよろしいですか?」

と聞かれたので、あっ選べるんだ・・・。とちょっと拍子抜けしてしまいました。

とりあえず、私は納付書の方にしました。
銀行の残高が足りなかったりする日もあるかもしれないし。

どうやら原則口座振替というのは強制ではないらしいです

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です